このページの先頭です

今日本で一番勉強しているのは法科大学院生だ!

4月の入学以来、早4ヶ月。
なんでおばちゃん探偵が法科大学院なんかに行ってるん?という疑問はあるでしょうが、その辺の話になるととっても長くなるので、またおいおいに…。
入学式
↑人数が多すぎる!と思っていたら、法科大学院だけではなく、
関大すべての学部の大学院と博士課程合同の入学式でした。

入学式当日は「父兄に間違われないように」と言われてスタッフに送り出され、「それはないやろ」と思ってたんだけど、やっぱりダントツに年老いてました。
同級生は学部上がりの22歳からちょっと老けてるなぁと思っても32、3歳。私たちが3期目にあたるんですが、1期目の学生たち(今の3年生)にはそこそこ年寄りもいますが、法科大学院を出ても当初の触れ込みと違って法曹資格をとるのが非常に難しいと分ってきたことや、2010年度から司法試験制度が変わり、法科大学院を卒業しないと新司法試験を受けられないという事情から、年長者が仕事を辞めてリスクをかけてまで取り組めない、新卒者はロースクールに行かないと法曹になれないということで、3期目ともなると、圧倒的に若人たちばかりになっていました。
桜
↑サークルの勧誘のチラシをもらった時はびっくりしたけど、
ちょっぴり嬉しかった。

で、警備のおじさんも掃除のおばちゃんも私には丁寧に御挨拶してくれる。
先輩である2年生も3年生も、廊下ですれ違うときは最敬礼。多分、学生ではなく教授だと勘違いされてしまった…。
以文館
↑これが法科大学院棟。他にも2棟法科大学院が使う建物は
あるけれども、講義は主にここで行われる。

以文館ロビー
↑1階ロビー。入ったらこんな感じ。
学内には法科大学院生のための自習室の設備があり、ほぼ全員キャレルなどの自分の自習机が確保され、学生たちは朝の7時、8時から夜の10時、11時ぐらいまで起きてる時間ほとんど机にへばりついて勉強しているんだ。それぐらいしないと司法試験には合格しないと…。
とりわけ私たちのように法学部出身でもなく、法律のホの字も知らない純粋未修者にとっては、聞くもの見るもの全て初めてで、ついていくのがやっとのこと、法学部の4年間ですることを1年でクリアしなければならないので、それだけ勉強してもとにかく時間が足りない。
それを2ヶ月続けたら、エネルギーが減退して、昔馴染みの友人に「目がヘン!」、顔見知りの経営者が依頼に来た時に「佐藤さん、疲れてはんのんちがう?いつもの元気がない!」と言われて、自習室に篭るのはやめました。
次回からは、素人が法律の勉強をして驚いたこと、これは役に立つと思ったことなどを皆さんにお伝えしていきます。

Comments

  1. これでとどいているか
    片山忠明です
    コメントがどこにかいたらいいか わかりにくい
    まあ ええけど ・・・・
    ともかく
    頑張って はりまんなあ
    小生も頑張らんと あきまへん

  2. 岡 伸光 より:

    がんばっておられますね。そろそろ父兄と間違われなくなってきましたでしょうか?
    片山さんがお書きのようにちょっとコメントのところがわかりにくいですね。
    それにこのページの表示がとっても中国ぽっくて面白いです。
    まだまだ暑いが続きますが、夏ばてなどされませんようご自愛ください

  3. オフィス・メイの鈴木です より:

    見ましたよ~。[絵文字:v-10]羨ましいなぁ・・・。私もあつこ先生みたいになりたいです。先生に間違われた話!当然です。でも嬉しい!!なんと私は大学1年の時に先生に間違われました。若年寄に見られるよりマシではないですか。いつまでも現役。頑張ってください。またお会いできるの楽しみにしております。

  4. 齋藤直樹 より:

    >次回からは、素人が法律の勉強をして驚いたこと、これは>役に立つと思ったことなどを皆さんにお伝えしていきます。
    私も去年、大学院の法律講座を受講しました。(佐藤さんほど本格的なものではありませんが)結構役立っていると思います。”驚いたこと”に期待しています。

  5. 笹尾恭三 より:

    ご無沙汰しています。
    こだま製作所の笹尾です。法科大学院生・・・・。
    「やりますねー!」ブログの文章力もさすが勉強になります。
    >学生ではなく教授だと勘違いされてしまった…。
    年齢じゃないと思います。おそらく貫禄でしょう・・・。
    私もがんばりますので佐藤さんも「美」と「学」励んで下さいマセ。

  6. 高野 直樹 より:

    と、思ってたけど、良かった良かった。
    「宇宙からの生還」のように感じました。
    時間をとられておられるので、会ってお話したいですね。
    皆さん、言われるように、書き込みの仕方が???

  7. 中央建設 高田 より:

    ほんまに暑いですね~。この暑いなか「学生さん」ごくろーさんです。もう一人知り合いでK大学の博士課程に行ってる、56歳もいます。刺激されて私もある資格にこの夏より挑戦します。
    人生死ぬまで勉強でっせ。私のは仕事がらみで少々せこいかな。

  8. 江野尻正明 より:

    直接お話を伺ってはいましたが、本当に奮闘されていますね。私たちは、旧司法試験の体験しかありませんが、夏、どれだけ勉強するかで、秋以降の成績に大いに影響します・・・と判っていながら毎年遊んでいたのですが・・・。
    開店休業だった、某ロースクールの私が担当する科目も来春には開講されることとなり、受講生の必死の思いを受け止めて指導(なんか、えらそうな表現ですね)をすることとなります。名目だけの非常勤講師から、こき使われる非常勤講師に変わることになります。
    ところで、佐藤さん、講義の内容やカリキュラム等で、不満はありませんか。多くのロースクールでは、学生からそのような意見が出たときには、真摯に検討するようです。個別に不満を言うのもあり、クラスでまとまって意見を出すのもあり、いろいろのようです。どこのロースクールでも、1人でも多く合格者を出したいと思っているので、批判に対しては思いの外謙虚に対応するようです。良い環境をつくって、楽しく勉強してください。

  9. Dr.ブルさんコト春田 より:

    早速にリンクして頂きありがとうございます。
    当社も出来るだけ早く相互リンクをするように致します。
    メールにも書かせて頂きましたが、やっぱりすごいです。
    私も、今抱えている難儀な事が済めば、何かに挑戦してみようと考えています。
    頑張る中年?まだまだこれから!の精神で行きます。
    佐藤さんだけが、青春を楽しませてなるものか!(^_^)v

  10. 松岡 弘樹 より:

    どうしているのかなあと思っておりましたが、お元気そうで何よりです。とは言うものの、若い連中に混じって、ハードな毎日、頭の下がる重いです。
    貴女の頑張りをバネにしまして、今しばらく『中高年パワーの炸裂!』となるよう、頑張ります。
    ブログ、楽しみに拝見します。

  11. 中西直子 より:

    貴女が大学に通われて4ヶ月。早いものですね。凄く頑張っておられて…..暑い夏も元気に乗り切って下さい。そして中年のお手本になって元気を下さい。益々のご活躍をお祈りしております!
    また、ブログ、楽しみにしております。

  12. 高篠 和代 より:

     法律の勉強は質量ともに大変なものですね。早朝から夜遅くまで読み書き考え続けられる院生の皆さんの意志力、体力、脳力に感心しました。
     次回からの記事がとても楽しみです。勉学の合間に時間を割いて書かれるのはかなりの負担になられると思いますが、法律に縁の少ない私達にはありがたいことです。
     修了までの長い道のりを元気で乗り越えていかれますように。
     で、もし時間があれば一緒に飲みましょう。

  13. ばんちゃん より:

    [色:0000FF]これからも楽しみに読ませてもらいます。私も保険屋の我楽多BOXでブログも持っています(^^*)/[/色]

  14. おかべっち より:

    ご連絡頂いて ありがとうございます。
    何年かぶりの キャンパス生活 楽しそうですね
    ちょっぴり 羨ましい ですが 新たな事柄に チャレンジする事は 人間としての 最大の 歓びです。
    わたしも ブログ しているのですが 更新が 最近出来てなく
    あつこさんの ブログにしげきされて また 続けようと
    思っています。
     何かあったら 助けてください。
                          べっち

  15. 佐藤あつ子 より:

     皆さん、コメント有難うございます。加えて、たくさんの励まし、すごく心強かったです。
     すぐにレスしなきゃと思いつつ、今頃になってしまいました(すいましぇん)。メールの返事よりも遅い!!これじゃあブログの意味ないじゃん、と自分でも思いつつ…。
     夏休みに入ったというのに、正規の授業で積み残した内容の補講やら、それだけならいいんだけども、な、なんと!先生からの呼び出しや追試の勉強やらで(人生50年、こんなの初めて)レスできませんでした。その辺りの悪戦苦闘ぶりは、恥を忍んでまたブログに追加させていただきますので、お許しを…。
    書き込みの仕方がわかりにくいとのご意見が多かったので、少しいじってみます。レスが遅いとあきれずに、また書き込んでみてください。よろしく!!

中央建設 高田 にコメントする コメントをキャンセル

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。