このページの先頭です

タスマニア

正月の旅行は寒いところに行くのは嫌なので、赤道付近か南半球が
多くなりますが、既に行ったところも多く、今回はなかなか行き先が
決まりませんでした。
「ペルーにしようか?」
「20時間以上も飛行機に乗ってるのはイヤや。タヒチぐらいやったら
いいけど」
「タヒチの海でボーっとしてたら、勉強せなあかんという強迫観念に
かられるからイヤや。なんの気分転換にもなれへん。タヒチだけじゃなく、
イースター島まで行くんやったらええけど」
「モアイ以外なんにもないやんか」
「ほんだらマダガスカルは?」 記事を読む

またまた蟹ツアー

毎年行っている蟹ツアーに、今年も鳥取県浦富海岸に
行ってきました。
鳥取までの道中、昨年見つけた勝山のひな祭があまり
にも素晴らしかったので、寄り道をして今年も見に
行きました。 記事を読む

鹿児島視察

私は法科大学院入学前に日刊工業新聞社がバックアップしていた
異業種交流会の会長をしていたこともあり、よく日刊工業新聞社
主催の視察に誘われます。在学中はご無沙汰しておりましたが、
今年は鹿児島の視察。先輩女性経営者が出身地出水市で新設した
セミナーハウスにも寄るというので、
IMG_1007_R.jpg
セミナーハウス「なごみ亭」
久しぶりに視察旅行に参加しました。 記事を読む

能美島と尾道

夏の思い出、第2弾。
8月の終わりに、昨年も行った能美島(自衛隊の駐屯地が
ある江田島の名前のほうが有名ですが)の友人の実家に、
今年も行ってきました。
昨年と同様、しまなみ街道を渡り、
scan1_R.jpg
因島大橋
一路、能美島へ。
クラゲがこないか心配しながらも、透明度の高い瀬戸内海
の海で、今年初の海水浴。 記事を読む

スペイン旅行

あれやこれやしている間に、とっくに夏も過ぎそろ
そろ紅葉の季節になってきました。この仕事が一段落
したら、この勉強を一通り終えたらと思っているうち
に、ブログをまったく更新できずになっているのに気
がつきました。
少し時期外れですが、この夏の思い出をいくつかご
紹介いたします。
まずは…
スペインに行ってきました。
13時間のフライトの後、夜遅くマドリッドに到着。
荷物をとく間もなく街に繰り出す。 記事を読む

熊本研修

去年の秋に続いて、またまた自衛隊ネタです。
親しくさせていただいている奈良県防衛協会のお誘いで、
西部方面総監部の視察と、CH47の体験搭乗に行って
きました。
陸上自衛隊西部方面総監部は熊本市の健軍駐屯地に
あります。
P1140649_R.jpg
まずは西部方面総監や幕僚長たちと会食、引き続き
東日本大震災での西部方面隊の活動報告のブリーフィング
を受けて、
P1140647_R.jpg
隊員と同じ食事をいただく
西部方面音楽隊の歓迎演奏。
P1140651_R.jpg
P1140654_R.jpg
技術的にはかなりハイレベルで、ちょっと感動もの
その後、高遊原分屯地に移動して、いよいよ大型ヘリコプター
CH47に体験搭乗。ハリウッド映画の戦争もので、戦地に向かう
兵士達をよく乗せているアレです。
P1140656_R.jpg
P1140659_R.jpg
内部はこんな感じ。
P1140662_R.jpg
P1140667_R.jpg
音がうるさいので、ヘッドホンを。
P1140670_R.jpg
いよいよ離陸。
P1140677_R.jpg
P1140681_R.jpg
コックピットの様子。
P1140713_R.jpg
安定飛行に入ると、シートベルトを外して歩き回っても大丈夫。
P1140675_R.jpg
上空から九州新幹線操車場を望む。
P1140698_R.jpg
熊本城上空。
P1140709_R.jpg
小一時間ほどの飛行が終わり、着陸体勢へ。
P1140717_R.jpg
この日、高遊原分屯地には全機種が駐機。
P1140722_R.jpg
ブラックホーク(多分、素人なのでよく分からないけれど…)
P1140730_R.jpg
アパッチ(だと思う)
P1140729_R.jpg
などもいました。
翌日は、第8師団内にある防衛資料館を見学後、
P1140733_R.jpg
熊本城へ。
P1140743_R.jpg
熊本城は、加藤清正が作った垂直の石垣が有名。
P1140767_R.jpg
もうひとつ有名なのは、防衛上、玄関が地下にあること。
P1140745_R.jpg
緊急時に避難できる隠し階段もある。
P1140750_R.jpg
殿様が家臣を謁見する大広間の横には、
P1140751_R.jpg
きらびやかな昭君之間がある。
P1140752_R.jpg
P1140753_R.jpg
加藤清正が使えるレベルの部屋ではなく、おそらく秀吉を招こうとした
のではないかといわれている。
大阪から秀吉の使いで来たと言ったら、「ハハーッ」と答えてくれた。
P1140766_R.jpg
熊本-博多間は、もちろん初めての九州新幹線さくらに乗る。
P1140771_R.jpg
いつも素通りする熊本だけれども、列車を降りてじっくり歩くと、
なかなか風情のある街でした。今度は細川邸や水前寺公園
にも立ち寄り、もう少しゆっくり街を散策したいと思わせる
いいところでした。
ちゃあ
ごはんまだかニャー?
P1090594_R.jpg
え?まだ?
P1090593_R.jpg
では、お待ちいたしますニャ
P1090582_R.jpg
そろそろ、もらえそう!マグロもあるかニャ?
P1090598_R.jpg
やっともらえたのニャ。
P1140812_R.jpg
ごはんの前にはちゃんと「お手」だってするのニャ。
P1090600_R.jpg

久しぶりのピクニック

東日本大震災が起こり、自粛していたわけではないけれども、
その衝撃で、あまり出かける気にもならず、ずっと事務所で
仕事をしているか、自宅にこもり勉強しているかでした
(とはいえ、飲むのはたまには飲んでいました)。
しかし、5月の陽気に誘われて、そろそろ少し遠出も
したくなってきました。
とはいえ、近辺ではあらゆるところに
行き尽くしてしまって、どこに行きたいということもなく、
いざとなれば、さてどこに行こうかと迷ってしまいます。
とりあえず、空いてそうな西名阪を東にひた走り、
P1140624_R.jpg
伊賀上野あたりから、なんとなく緑深いところへ。
P1140564_R.jpg
森林浴を楽しみながら、
P1140620_R.jpg
P1140608_R.jpg
途中、八重桜や
P1140617_R.jpg
P1140563_R.jpg
山桜も見て、
P1140613_R.jpg
P1140570_R.jpg
今年は花見をする気にもなれなかったので、
ここでしっかり今年の桜を堪能。
そろそろ昼食時。
せっかくなのでどこか雰囲気のあるところと探していると、
165号線青山高原を津に向かって、下り終えた白山町。
P1140599_R.jpg
垣内の交差点をUターンするように村の中に入っていくと、
P1140598_R.jpg
垣内川という清流がありました。
P1140595_R.jpg
花山橋という橋の奥は、車両は通行止めとなっていて、
旧初瀬街道があり、
P1140596_R.jpg
P1140590_R.jpg
車両は通行止め。徒歩のみ
P1140587_R.jpg
P1140589_R2.jpg
その橋を渡ったところから川に下りていくと、
P1140581_R.jpg
P1140586_R.jpg
P1140585_R.jpg
川面に出れて、おお、初めてきたのにすごいいいとこじゃん!
P1140584_R.jpg
P1140582_R.jpg
P1140580_R.jpg
P1140579_R.jpg
ここで昼食。
P1140578_R.jpg
手作りのお弁当を食べました。
P1140573_R.jpg
食後、川のせせらぎを聞き、森林浴で思いっきりマイナスイオンを吸って、
P1140576_R.jpg
P1140574_R.jpg
春の夕暮れの伊賀の里をながめながら、久しぶりのピクニックでした。
P1140623_R.jpg
今日の茶阿
ご無沙汰してますニャ。
ボクは元気です。
P1130172b.jpg

蟹ツアー

この時期、毎年、仲間たちと蟹ツアーに行きます。
仲間の一人の部下が脱サラして、浦富海岸で
ペンションを営んでいます。そこでその年の
最後の蟹を食べます。
蟹料理は刺身あり、蟹酢あり、焼き蟹あり、
甲羅焼きあり、しゃぶしゃぶありのフルコースで、
「これでもか!」というぐらい出てきます。
ここでの松葉蟹を食べれば、当分蟹は食べたくない
というくらいになります。
P1130548_R.jpg
今回は、出発してまずは但東町のシルク温泉で朝風呂。
P1130514_R.jpg
「シルク温泉」というだけあって、お肌がすべすべする温泉です。
P1130512_R.jpg
このあたり、昨日、一昨日の雪が溶けずに残っています。
P1130517_R.jpg
昼食は、出石で出石そば。
P1130519_R2.jpg
P1130520_R.jpg
P1130523_R.jpg
6人でこれだけ食べました。
P1130525_R.jpg
P1130531_R.jpg
出石の辰鼓楼
ついで、城崎温泉でまたもや入浴。
外湯の中では、露天風呂がある「鴻の湯」へ。
P1130533_R.jpg
入浴後は、一路日本海側へ。
ニュースでは見たけれども、余部鉄橋がコンクリート橋に
なっていました。
P1130542_R.jpg
昔の鉄橋の一部はまだかろうじて残っています。
P1130544_R.jpg
9号線日本海岸沿いをひた走り、
P1130534_R.jpg
P1130535_R.jpg
日が暮れる。
P1130538_R_20110311173114.jpg
P1130546_R.jpg
浦富海岸ペンション「くるーず」に到着。早速宴会。
P1130550_R.jpg
P1130547_R.jpg
P1130552_R.jpg
P1130549_R.jpg
翌日は、まずはまたまた温泉。鹿野温泉で朝風呂。
P1130560_R.jpg
はい、記念撮影。
P1130561_R.jpg
ついで倉吉へ。趣のある町並みを散策。
里見八犬伝のモデルとなった里見家墓所がある大岳院へ。
P1130572_R.jpg
P1130573_R.jpg
P1130574_R.jpg
P1130575_R.jpg
お昼は、町屋で餅しゃぶ。お餅のしゃぶしゃぶなんて
初めて。結構美味しかった。
P1130571_R.jpg
P1130578_R.jpg
昼食後は、伝統的建造物群保存地区の赤瓦・白壁土蔵群を見学。
赤瓦の町並み。
P1130565_R.jpg
P1130567_R.jpg
白壁土蔵の町並み。
P1130579_R.jpg
P1130581_R.jpg
P1130580_R.jpg
P1130583_R.jpg
P1130587_R.jpg
赤瓦のコーヒーショップで、ちょっと休憩。
自分でコーヒー豆を石臼でひきます。
P1130589_R.jpg
P1130593_R.jpg
このカフェ、先日、韓国ドラマ「アテナ」の撮影で、
チョン・ウソン氏の控え室に使われたとのこと。
P1130591_R.jpg
チョン・ウソン氏のサイン
ちなみに、チョン・ウソンって、こんな人。
P1130590_R.jpg
こちらは佐渡ヶ嶽親方(琴桜)の銅像。
P1130597_R.jpg
倉吉で十分遊んだ後、真庭へ。お目当ては、勝山の御前酒蔵の西蔵での御膳。
蒜山あたりでは、とても雪深い。とても3月とは思えない。
P1130600_R.jpg
P1130602_R.jpg
P1130601_R.jpg
道中ついつい温泉に惹かれ、足(たる)温泉で入浴。
足温泉は湯原温泉郷のひとつで、湯治場として
親しまれています。
すみません、写真撮ったはずなのに、ありませんでしたm(_ _)m
やっと真庭市勝山の西蔵に到着。
P1130604_R.jpg
ところが、勝山のひな祭り期間中のため、入店できず。(T_T)
まだひな祭り期間中だとはまったく気づかずに行ったのですが、
西蔵に入店できなかったことが幸か不幸か、おかげで有名な
勝山のひな祭りをゆっくり見学することができました。
P1130603_R.jpg
保存地区である勝山の町並み
勝山のひな祭りは、町おこしのため街道沿いの160軒のお家が
それぞれの玄関先に所蔵のお雛さまを展示するものです。
古いものは幕末や明治初期のものもあります。
P1130617_R.jpg
明治初期のもの。後ろの内がけはビーズの縫いとりがされています。
P1130618_R.jpg
ここは石屋さんのお家で、もうしまおうと思っておられたのに、
私たちが行くと駐車場前のお店から連絡が入ったらしく、
開けて待ってくださっていました。
その他のお家でも、たくさんの雛人形が見れました。
P1130615_R.jpg
P1130616_R.jpg
P1130614_R.jpg
P1130625_R.jpg
昭和10年頃のお内裏さま
P1130628_R.jpg
このお家は、いくつものお雛さまを飾っておられました
P1130629_R2.jpg
P1130630_R.jpg
P1130610_R.jpg
P1130638_R.jpg
ここのお家は、造り醤油を以前は営んでおられ、
玄関を入るとレンガじきの土間にトロッコのレールが
走っていました。
今年のポスターになった六歌仙や、
P1130635_R.jpg
2005年のポスターになったお雛さま
P1130636_R.jpg
を所蔵されています。
その他、こんな可愛いお雛さまも・・・
P1130606_R.jpg
P1130613_R.jpg
ちょっと変わった押雛
P1130631_R.jpg
塀には花いかだが・・・。
P1130621_R.jpg
温泉三昧と堪能するほどの蟹料理、趣きある町並みの見学、
そして思いもかけないひな祭りの見学もさせていただき、
とっても有意義な小旅行でした。
ちゃあ
ボクはまた留守番なのニャ。
P1130505_R.jpg
すねるゾ!
P1130507_R.jpg
寂しいニャア。
P1130508_R.jpg
おかあしゃんはまだかニャア。
でも、だんだん眠くなってきたのニャア。
P1130504_R.jpg
ZZZZ…
P1130506_R.jpg

明日香

 歴女のはしりであった私は、古代史が好きで、
特に蘇我馬子の頃から長屋王のあたりまで、
つまり6世紀から8世紀までの日本史に、一時凝っていました。
 そのため、明日香には毎週ほど通った時期があります。
 明日香は晩秋のころがだんぜんお勧め!
 法科大学院在学中はままならなかった明日香行き。
先日、久方ぶりに行ってきました。
 観光客が必ず訪れる飛鳥寺もいいけれど
        album_asuka_R.jpg
                                         飛鳥大仏
                                      (1989年撮影)

人があまり行かない私の明日香お勧めスポットをご紹介します。
 山田寺跡
   P1130300_R.jpg
   P1130302_R.jpg
   蘇我石川麻呂が建立した寺で、25年ほど前に回廊跡が発掘されました。
   現在は埋め戻され何もない風景ですが、奇妙に落ち着く明日香の穴場スポットです。

 山田寺跡の周りのこの里山の風景が、遺伝子に懐かしさを呼び起こします。
 明日香の田園風景が「日本の心」といわれる所以でしょう。
   P1130303_R.jpg
   P1130301_R.jpg
 飛鳥川
   P1130306_R.jpg
       「飛鳥川、瀬々の玉藻のうちなびき…」万葉集に詠われた飛鳥川。
          橋を渡らず無理やり横断。

   P1130309_R.jpg
                       結構清流が戻ってきています。
 伝小墾田宮
   P1130316_R.jpg
                推古天皇が築いたという宮。今はこの木のみが目印。
                1メートルも掘ればいっぱい出てくるんだろうなぁ。

 以前訪ねた時は、民家の中に残っている井戸跡を無理にお願いして
見せていただきました。
   ido_R.jpg
 水落遺跡
   P1130330_R.jpg
     天智天皇が作ったといわれる日本最古の時計の跡のある遺跡
当時はこのような建物でした。
         P1130331_R.jpg
         P1130332_R.jpg
   P1130320_R.jpg
          隣は迎賓館跡といわれる石神遺跡
         shinbun_R.jpg
          12月3日付の新聞で、水落遺跡から水を流す木製パイプが
          発見される。隣の石神遺跡まで伸びている可能性が高いとのこと。

 私がよく通っていた頃は、小学校の敷地を突っ切って裏の側溝を
横歩きしていかないとたどり着かなかったのですが、今は学校も
廃校になり、産直野菜の販売所になっています。
   P1130329_R.jpg
   P1130334_R.jpg
 この中で先日、修復のためはがされたキトラ古墳の壁画のレプリカが展示されています。
   P1130340_R.jpg
   P1130336_R.jpg
                               西の守り神、白虎
   P1130337_R.jpg
                               北の守り神、玄武
   P1130338_R.jpg
                               南の守り神、朱雀
   P1130339_R.jpg
                                東の守り神、青龍
甘樫の丘
   P1130342_R.jpg
   P1130343_R.jpg
             入り口の銀杏の黄葉が素晴らしい。
   P1130344_R.jpg
 中腹でお弁当
落ち葉が絨毯のよう。
入鹿の屋敷はこのへんに建てられていたのだろうか・・・?
   P1130346_R.jpg
   P1130347_R.jpg
   P1130349_R.jpg
          日本書紀では入鹿の館は飛鳥寺を見下ろしていたとの
               記載があるので、この中腹ではちょっと低いかな?

甘樫の丘から飛鳥寺
   P1130353_R.jpg
甘樫の丘から望む大和三山
   P1130356_R.jpg
                                       畝傍山
   P1130355_R.jpg
                                       耳成山
   P1130357_R.jpg
                                       香具山
亀形石造物
平成12年に発掘された湧水施設。
日本書紀に斉明天皇が作ったと言われる
「たわぶれの石垣」とはこれらのことなのかな?
   P1130359_R.jpg
   P1130360_R.jpg
   P1130361_R.jpg
亀形石造物は私が明日香に
通いつめていたころはまだ発掘されていず、当時はその近くの酒船石がお気に入りだった。
   album_sakabune_R2.jpg
                    (1989年撮影)
伝飛鳥板蓋宮跡
皇極天皇の治世、ここで大化の改新が起こったといわれる。
鎌足に切られた入鹿の首が飛鳥寺横の首塚まで飛んだとされる。
   P1130368_R.jpg
   P1130371_R.jpg
         kubizuka_R.jpg
                   鎌倉時代に作られた石塔。ここまで飛ぶわけないけど…
                              (1989年撮影)
伝飛鳥板蓋宮から眺める甘樫の丘
   P1130372_R.jpg
川原寺跡
   P1130374_R.jpg
         album_kawahara_R.jpg
                  (1989年撮影)
         21年前の川原寺跡 今も当時もあまり変わらない。
   P1130379_R.jpg
         秋の盛りにはコスモスがとても美しい
 穴場スポット案内とはいえ、やっぱり石舞台は外せない。
   P1130380_R.jpg
   P1130382_R.jpg
   P1130386_R.jpg
   P1130391_R.jpg
石舞台は、雪が積もったときが素晴らしい。
21年前の石舞台。
         album_ishib1_R.jpg
         album_ishib2_R.jpg
         album_ishib3_R.jpg
服装や髪型がバブルっぽい。
1400年も存在していたのだから、20年ぐらいではどうってことないか。
変わらないのが明日香の魅力。
蘇我馬子屋敷跡
   P1130394_R.jpg
          今は埋め戻されて駐車場に。発掘当時通ったものだ。
奥明日香に関西大学飛鳥文化研究所発見!
今まで気づかなかったが、母校となればやはり目につく。
   P1130396_R.jpg
明日香は犬飼孝さんや地域住民の努力で、日本の原風景がよく保存されている。
棚田の保存のため、私も一坪農園主になっていました。
   P1130397_R.jpg
藁を燃やす里山の夕方の風景も懐かしい。
   P1130400_R.jpg
ちゃあ
ムム、箱があるぞ!
   tyaaP1120853_R.jpg
ちょっと入ってみるのニャ。
   tyaaP1120755_R.jpg
   tyaaP1120756_R.jpg
   tyaaP1120854_R.jpg
なかなかいいぞ。
   tyaaP1120758_R.jpg
落ち着くなぁ。
   tyaaP1120855_R.jpg
出るのはいやだニャ。
   tyaaP1120760_R.jpg
   tyaaP1120765_R.jpg
   tyaaP1120856_R.jpg
ぼくがご進物になろうかニャ。
   tyaaP1120857_R.jpg
てなこと言ってるうちに眠くなってきたニャア。
   tyaaP1120767_R.jpg

トルコにも行ってきました

 イギリス、ブレア首相への爆弾攻撃未遂事件
で渡航禁止になったり、リーマンショックで日
本経済が底冷えしているのに10日間も遊んで
るどころではない、てなことで2回も計画して
は、潰れてきたトルコ行き。この度、やっと実
現しました。
 まずは奇岩で有名なカッパドキアへ。
   P1110607_R.jpg
   P1110573_R2.jpg
                   ギョレメ野外博物館
   P1110696_R.jpg
                                 きのこ岩
   P1110630_R.jpg
                                オルタヒサ-ル
   P1110672_R.jpg
                                 カイマルクの地下都市
   
                         朝には気球がいっぱい飛ぶ
洞窟ホテルにも泊まりました。
   P1110729_R.jpg
                      隊商宿のキャラバン・サライ
   P1110786_R.jpg
セルジュク朝の首都であり無形世界遺産の旋回舞踏で
有名なコンヤに立ち寄り
   P1110809_R.jpg
                イスラム神秘主義の創始者、メブラーナ博物館
世界遺産に登録されている石灰棚、バムッカレへ。
   P1110878_R.jpg
   P1110882_R.jpg
   P1110894_R.jpg
   P1110913_R.jpg
           石灰棚のところどころに温泉水がたまっている
クレオパトラも入ったという温泉につかり、
   P1110939_R.jpg
エフェスの遺跡へ。
   P1110988_R.jpg
   P1110986_R.jpg
   P1110992_R.jpg
                        古代の公衆トイレです
   P1110994_R.jpg
                             ケルスス図書館
   P1120001_R.jpg
             ここでクレオパトラの妹のミイラが発見される。
エーゲ海クルーズを楽しみ
   P1120056_R.jpg
   P1120059_R.jpg
                  エーゲ海の海の色は濃い
   P1120074_R.jpg
             トルコ第3の都市、イズミールの労働者の街
   P1120082_R.jpg
              昼間からブラブラしている青年
              失業率は非常に高い
ベルガマ遺跡へ
   P1120130_R.jpg
                                 アクロポリス
   P1120118_R.jpg
   P1120135_R.jpg
そしてトロイ遺跡へ
   P1120161_R.jpg
                            第6期南門と城壁
   P1120167_R.jpg
                          シュリーマンの発掘現場
   P1120180_R.jpg
                          トロイの遺跡にある木馬
                          ちょっと笑っちゃう!
   P1120195_R.jpg
                こちらが映画で使われたトロイの木馬のセット
                ブラッド・ピットが入った木馬
   P1120213_R.jpg
                 チャナッカレ市内
   P1120227_R.jpg
                 本物のトルコ風呂(ハマム)
そして”緑”のブルサへ
イェシル・ジャーミー礼拝
   P1120295_R.jpg
                        礼拝前に体を清める
   P1120290_R.jpg               
              装飾がシンプルで素晴らしい
   P1120283_R.jpg
      このエリアでは礼拝をしないというキリスト教徒の地主との
        約束のため、噴水が設けられている
   P1120333_R.jpg
            イェシル・テュルベ
            ターコイズブルーに輝く廟が美しい
フェリーに乗り、マルマラ海を渡り、イスタンブールへ。
   P1120353_R.jpg
   P1120416_R.jpg
ついでボスポラス海峡を渡って、アジア側からヨーロッパ側へ
   P1120417_R.jpg
   P1120412_R.jpg
   P1120423_R.jpg
ボスポラス海峡クルーズを楽しんだ後は、
   P1120555_R.jpg
   P1120504_R.jpg
   P1120514_R.jpg
   P1120505_R.jpg
世界最短の電車、テュネルに乗って
   P1120524_R2.jpg
旧市街を散策。
   P1120529_R.jpg
   P1120535_R.jpg
        アガサ・クリスティが定宿としたホテル

ロープウェイに乗ってピエール・ロティへ。
   P1120552_R.jpg
ピエール・ロティの丘の上から金角湾を眺めて、
   P1120561_R.jpg
   P1120565_R.jpg
ブルーモスクと
   P1120605_R.jpg
   P1120580_R.jpg
アヤソフィアへ
   P1120604_R.jpg
   P1120613_R.jpg
   P1120630_R.jpg
               オスマン朝時代に漆喰で消された2階のモザイク画
そして、トプカプ宮殿へ。
   P1120637_R.jpg
   P1120662_R.jpg
                          ハーレム内部
   P1120672_R.jpg
                 トプカプ宮殿から見たボスポラス海峡
最後はグランドバザールで買い物。
   P1120685_R2.jpg
   P1120684_R.jpg
   P1120688_R.jpg
途中、トルコの美しい夕日をながめたり、
   P1110841_R.jpg
ナザール・ボンジュ(エーゲ海発祥の紀元前から伝わる魔よけのお守り)
の木にびっくりしたり、
   P1110629_R.jpg
ベリーダンスを楽しんだり・・・。
   P1110856_R.jpg
よう遊んだなぁ!!フゥ。
   P1120724_R.jpg
 明治時代、串本沖で沈没したトルコ軍艦の生き残った乗組員
を手厚く看護した串本漁民の恩を忘れず、今も学校教育で教え
ているトルコでは、皆とても親日的。自然世界遺産あり、歴史
的遺跡あり、トルコはとてもいい国でした。
ちゃあ
 お母しゃんがお留守なので、寂しいニャン。
それに退屈だし、ゴミ箱にでも入ってみよう
ニャン。
   P1110387_R.jpg
おっとおっと、はまってしまうジョ。
   P1110385_R.jpg
ヨッコラショ。
   P1110391_R.jpg
ヨッコラショ。
   P1110388_R.jpg
フウ、なんとか起きれた!
   P1110390_R.jpg
お母しゃん、帰ってこないのかなぁ。
   P1110389_R.jpg
エエイ!ここで待っとこう。
   P1110386_R2.jpg