このページの先頭です

書店員さんとお話したい(1) | 秘密のあっ子ちゃん(107)

これは平成6年より大阪新聞紙上にて連載していた「秘密のあっ子ちゃん」に掲載されたエピソードより抜粋したものです。なお、登場人物は全て仮名で、ご本人の許可を得ております。

 人は我が事になるとドキドキ、ハラハラして、どうも勇気が出ないものだということはこの仕事を通じて常々感じていることですが、今回の主人公ほどシャイで相手のことを気づかった人は少ないでしょう。
 彼は今年五十七才。ある大手企業の中間管理職です。なかなかの紳士で、企業戦士らしく私が直接お話をしている分にはテキパキと返答され、それほどシャイであるとは見えませんでした。ところが厄介なもので、何か感情が入るとそうはいかないもののようです。
 彼は読書家でした。ジャンルも仕事がらみのビジネス書から純文学・推理小説、それに趣味の一つである歴史の難しい専門書まで多岐に亘っていました。
 彼は余暇と通勤時間には必ず本を読むことにしています。ですから、一冊の本を読み上げるのに一日か二日しかかかりません。従って、次に読む本を探すために、毎日のように本屋に顔を出すことになります。
 行きつけの書店は会社の自社ビルがテナントとして貸し出している一階の大きな本屋さんでした。
 昨年の春、毎日通うその書店で目新しい女性が働き始めました。彼女は四十才過ぎ。笑顔がとても素敵な女性でした。
 行きつけの書店で、新しく勤め始めた四十才過ぎの女性。笑顔が素晴しく、とても愛想のいい、気持ちの良い人でした。
 彼は彼女を初めて見たその日から、その接客の仕方の見事さに感服しました。「こういう部下がいたら、商談もスムーズに進むだろうな…」と思ったりもしました。
 彼女の方も、毎日のように書店に顔を出す彼のことをすぐ覚えたようです。
 彼がいつものように、その日選んだ本を買うためにレジへ行くと、彼女がそこにいました。
 「よく本を読まれるんですねぇ」
「ええ、読書が一番の趣味ですから…」
 初めての会話はこうでした。
 それからというものは、自分で目当ての本が探し切れない時や、「こういう傾向の本を読みたいが、何かいい本はないか」というような本に関する様々な相談を彼女名指しでするようになりました。
 彼女は若いころ図書館書士をしていたらしく、本についてはかなりの知識を持っていました。
 彼は、本についての話を一度ゆっくりと彼女としてみたいと思いました。
 とは言っても、それを行動に移すことはできませんでした。本について二人であれこれ話すことは、得るべきものが多く有意義であろうし、とても楽しいことだろうと想いを馳せるのですが、何故かこと彼女のことになると、彼は「極めつけのシャイな人間」になってしまうのでした。
 またたく間に一年が過ぎました。
相変わらず彼は毎日のように書店に顔を出しています。彼女をデートに誘い出すことはできないでいました。
 そんな時、当社の存在を知ったのでした。
彼は私に言いました。
 「彼女は最初の時から変わりなく、いつも優しい笑顔で私に接してくれています。一度、喫茶店かどこかでお話をしたいと思うのですが、ただそれだけのことを伝えるにも、どうしても声をかけられないのです。自分には妻子がいるし、彼女の方にも当然家庭があるだろうし…。それを考えると、お茶に誘うことでさえ彼女に迷惑をかけてしまうのではないかと憚られるのです。そんな訳で、お誘いしてもいいかどうか、一度聞いてもらえないでしょうか?」

<続>

私の里子

20090501104901323_0001.jpg
 彼女は、私の子供です。もちろん実の子ではなく、
就学支援をしている里子です。名前はヘニーローズ。
彼女が住んでいるのは、フィリピン・ネグロス島です。
20090501104901323_0002.jpg
 私が里親になったのは、日刊工業新聞社が
サポートしてくれている異業種交流会、「浪漫の会」の
会長をしていた頃、講師に辻野ナオミさんをお迎え
したことがきっかけです。
20090514164218669_0001.jpg
nehalogo.gif
 辻野さんはフィリピーナで、ネグロス島出身。日本に
嫁いできて、現在、宝塚に住んでおられます。故郷の
ネグロスでは、貧しさのため教育が受けれない子が
多いことを嘆き、独力で島の子供たちの就学支援に
取り組んでこられました。
 NEHAは正式名称を「ネグロス教育里親運動」
といい、既に20年の実績があり、毎年1000人以上の子供たちの
教育支援を行なっています。
 里子の支援は小学生なら年間15,000円、
中学生なら23,000円、大学生なら63,000円です。
わずかこれだけで彼女たちは教育を受けることができ、
そのことによって人生を変えていくことができるのです。
 私の初めての里子は、アイネです。
20090501104901323_0003.jpg
 小学3年生の時から支援し、今年短大を卒業して
現在は働いています。
 最初はたどたどしい文字でしたが、短大ともなると
文字も見違えるぐらい達筆になりました。
20090518180330747_0001.jpg
 NEHAでは、年に1度里子訪問のツアーが
あるのですが、仕事や父・弟の看病や受験や
ロースクールでの授業やらで、結局一度も
行けずじまいです。
 アイネにはまだ1度も会えていませんが、
きっと素敵な女性に成長したことでしょう。
ロースクールを修了したら、今度こそ里子訪問を
したいと思っています。その時には必ず大人に
なったアイネと、今、勉強と親の手伝いを頑張っている
へニーローズに会いたいと思っています。
今日の茶阿
P1090640.jpg
ワア!やっとお外に出してもらえるのニャ。
P1090641.jpg
ゴロニャン
P1090642.jpg
ゴロニャン
P1090643.jpg
ああのびのび。
P1090644.jpg
む?不審者か?
P1090652.jpg
よし!見張りをするのニャ。ぼくは番犬ならぬ番ネコなのニャ!

梅にウグイス、梅にインコ?

反省!
佐藤あつ子?
「更新しなきゃ更新しなきゃ」と思いつつ、予習に復習にテスト勉強にと
時間をとられ、その合間に仕事をこなしていると、なかなか更新できませんでした。
反省!!
心を入れ替えて、頑張って更新していきます。


大阪城と梅
桜の花も好きだけど、それよりも梅の花が好きです。
入学前は年ごとに賀名生、月ヶ瀬、大阪城公園と周遊していたのですが、
ここしばらくはご無沙汰。
先日、思い立って久しぶりに大阪城公園に梅を見に行きました。
ここでよく梅の木を買います。
しだれ桜
今回買ったしだれ桜
梅
7年前に買った梅。
その年亡くなった父に闘病中のプレゼントとした梅とペア。思い出深い一品です。
今も奇麗に咲いてくれます。

umetouguisu.jpg
よく、「梅にうぐいす」といいますが、本当はメジロとのこと。
梅の花にはメジロがよく止まるそうです。
その日もメジロが止まっていましたが、ムム、おぬし、素早いな!
シャッターチャンスを逃してしまいました。
mukudori
梅にムクドリ
梅にヒヨドリ
梅にヒヨドリ
インコ
む?梅にセキセイインコ
オウム
は?梅にオウム
おっちゃん
飼い主のおっちゃんでした。
今日の茶阿
ちゃあ2
ボク、佐藤茶阿でしゅ。
ここがボクの定位置なのニャ。
茶亜1
ここからお部屋全体を見渡すのニャ。

ちゃあ3
お母さんは最近よくボクを撮っていましゅ。また撮られた。
おっと、コケそう。

絵手紙通信

「A・法学部出身」さんがおっしゃっているハガキとはこれ!
りんどう絵手紙通信
↑2007年10月 No.8
コスモス絵手紙
↑2006年9月  No.2
今、私は法科大学院で授業を受けているか、自宅やキャレルに
こもって自習しているかで、みなさんに不義理ばかりをしているので、
この絵手紙通信は「生きているぞ!」という意味で、これまでご縁を
いただいた方にお送りしています。
 しばらく更新をさぼっているので、ブログをご覧いただいている方にも、
「生きているぞ!」という意味でご覧いただきます。