このページの先頭です

名前の分からない彼女(1)| 秘密のあっ子ちゃん(146)

 これは平成6年より大阪新聞紙上にて連載していた「秘密のあっ子ちゃん」に掲載されたエピソードより抜粋したものです。なお、登場人物は全て仮名で、ご本人の許可を得ております。

当社に人探しの調査を依頼されてこられる方のなかでも、二十歳代の人たちは、前回お話ししました中年の方とは異なり、男性・女性半々の割合で依頼しにこられます。

それも『思い出の人探し』ということよりも、「ひと目ぼれの人を探してほしい」とか「三回デートしたけれど、突然連絡がとれなくなった」という”現在進行形”が多いようです。

今年の四月にもこんな依頼がありました。依頼人は、東京在住の二十四歳の営業マン。三月初旬、彼は盛岡からの出張の帰り、東北新幹線に乗車していたそうです。仙台駅で若い女性が乗り込み、空いていた彼の隣の席に座りました。ふとしたことから二人の会話が始まり、上野駅へ着くまでの二時間あまり、話が大いに弾んだそうです。

二人は新幹線を降りると「じゃあ、お元気で」と行きずりの人に交わすごく普通の挨拶をして別れました。

ところが、それから三日ほどしてから、彼はどうにも彼女のことが気になって

仕方なくなってしまったのです。

こういうケースは結構よくあります。その時は何とも思わなかったのに、あとになって気になって仕方ないということが、です。

人というものは、「その時は何とも思わなかったのに、しばらくしてその人のことが気になって仕方ない」ということが多々あるようです。当社にもこうしたケースがかなり持ち込まれます。

が、手掛かりの少ない場合が多く、『もっときちんと聞いておけばいいのに』と思ったりするものです。(マ、そういうことがあるからウチの商売も成り立つのだけれども…)

今回取り上げる男性(24)の場合も、その時ばかりはこれといった感情を相手に抱いてなかったものですから、彼女の名前すら聞いてなかったのです。

仙台から上野までの新幹線の車中で二時間も、ずっと話をしていながらです。 分かっていることといえば、彼女は高校三年生でサッカー部のマネージャーを務め、卒業したら東京での就職が決まっている。その日は就職後の下宿先の親せきの家へ挨拶に向かう途中だ、ということ。それだけなのです。

調査するにはあまりにもあいまいな材料ばかり。

彼は彼で、自分なりに調べようと努力したそうです。しかし、この漠然とした材料ではどこから手をつけたらいいか分からず「困り切った」らしいのです。

人は『ひょっとすれば二度と会えないかも知れない』と思うと、余計思いが募るようです。会って三日も経ってから急に気になり出す。探し当てるにも目ぼしい手掛かりどころか、名前すら聞いていない。

「どう探せばいいのか…。分からない」

時が経てば経つほどますます『もう一度会いたい』という思いが強くなっていくる。仕事中も彼女のことが頭から離れなくなる。

ほとほと困り果てていた時、たまたま当社のことを知って急いで電話してきたという具合なのです。

<続く>

Please leave a comment.

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

お気軽にご相談ください

  • 調査状況報告
  • 集いの広場
  • 調査ファイル
  • 会社案内
  • 大阪探偵社
  • 再生