このページの先頭です

奥さんの家出(1) | 秘密のあっ子ちゃん(117)

これは平成6年より大阪新聞紙上にて連載していた「秘密のあっ子ちゃん」に掲載されたエピソードより抜粋したものです。なお、登場人物は全て仮名で、ご本人の許可を得ております。

 あれは三年前の冬のことです。丁寧な口調で話す男性から問い合わせの電話がありました。年の離れた若い妻の行方がひと月程前から分からなくなったと言うのです。
 「もう少し詳しくお話を聞かないことには…」と私が答えると、彼は三十分もしないうちに我が事務所にやってきました。ドアを開けて彼は入ってきたとき、私は思わず「ウッ」と息を飲んでしまいました。
 というのは、電話での丁重な口調とは裏腹に、彼の風貌は“その筋の人”そのままだったのです。しかし、風貌だけで人を判断するのも失礼なことで、とにもかくにも上っていただき、彼の話を聞き始めました。
 彼と奥さんとは十八歳違いだと言います。つまり、彼ということでした。
 そこまで聞いた時点では、私は彼のその風貌から少し(というより、大いに)偏見を持って、彼の方に問題があったのではないかと思ったものです。
 しかし、話を聞き進むうちに、それは私の偏見であることが分かってきました。
 奥さん(といっても、まだ入籍はしていないのですが)は、在日朝鮮人三世で、彼女の父親は日本人との結婚に大反対していました。
 「日本人と結婚しても苦労するだけだ。結婚相手は同胞に限る」というのがその理由です。年が若くても儒教精神の強い家庭であれば彼女としてもなかなか父親には逆らいにくいものです。しかし、このままでは二人は籍を入れることがままならず、いつまでたっても「同棲」という形をとっていなくてはなりません。彼女は、いずれ生まれてくるだろう、子供の籍のことも不安に感じ、悩んでいたのでした。
 彼はさらにこう続けました。
 「実は、見ての通り、昔は組関係の者だったんです」
 ああ、やっぱりと私は思いました。
 「今はまじめに生活していますけど、向こうの父親はそれも気に食わないようですわ」
 在日朝鮮人三世である彼女の家出は、父親が日本人との結婚に大反対であること、そのために将来生まれてくるであろう子供の籍がどうなるか分らないこと、彼が昔、暴力団であったため、父がなおさら結婚を許さないだろうというようなことに、二人の将来を悲観し、悩み続けることに疲れ果てたことが、どうやらその原因のようです。
 彼は言いました。
 「父親に反発していたんで、アイツは実家へは戻らないと思いますわ。金をほとんど持って出てないから、ちゃんとやっていけてるんか、それが心配で…」
彼女の所在の確認はかなり難航しました。
 実家や親戚筋は彼女が連絡を取っていないために本当に知らないのか、あるいは彼を警戒して言わないのか、ここからは全く彼女の足取りはつかめません。
 彼女は同棲する前にはクラブで働いていたということから、キタやミナミにも写真を持って聞き込みに回りました。
 ひと月ほどの調査の甲斐があって、やっと友人関係から彼女が働いているスーパーが判明してきました。 その矢先、彼女から電話があったと、彼から私達に連絡が入ったのでした。

<続>

Please leave a comment.

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

お気軽にご相談ください

  • 調査状況報告
  • 集いの広場
  • 調査ファイル
  • 会社案内
  • 大阪探偵社
  • 再生