このページの先頭です

ダライ・ラマ法王14世大阪特別講演

先月末から今月初めにかけて来日されていたダライ・ラマ14世の講演が、
舞洲アリーナで開催されました。仏教の話も、ダライ・ラマ自身にも
興味があったので行ってきました。
20111101181720795_0001_R.jpg
会場に入るには、金属探知機で身体検査とX線で持ち物検査をされ、
ペットボトルは没収。国際線の飛行機搭乗並みの厳重な警備体制。
会場内の各ドアには2名ずつ警備員が配置され、法王の後ろには
SPが常に張り付いていました。
少し前のニュースでダライ・ラマ法王日本代表部事務所には
サイバー攻撃が非常に多いというニュースが流れていましたが、
これだけSPがつくだけでも、法王の動きにはかなり制約になる
だろうなと思いました。
NEC_0102_R.jpg
会場は超満員。
NEC_0107_R.jpg
ダライ・ラマ14世は韓国には入れないようで、彼の話を聞くため
だけに韓国からたくさんの人がやってきていました。
NEC_0106_R.jpg
オレンジのユニフォームは、皆韓国から
法王の話を聞くために来日した人たち

政治的な話はできないと前置きがあり、高野山大学の
招聘ともあって、第一部の話の内容は仏教について、
とりわけ般若心経についてでした。
20111101181720795_0002_R.jpg
法王はテレビインタビューなどでは英語で答えているので
何語で喋るのかなと思っていましたら、中国語で喋っておら
れました。
通訳の女性も丁寧に訳して、仏教知識もかなり持って
おられて、分かりやすいものでした。
10時開演ということだったので、午前中で終わるだろうと
勝手に心づもりして行きましたら、昼食をはさんで第2部があり、
NEC_0104_R.jpg
休憩時の廊下
第2部は、東日本大震災を受けて、「困難を生き抜く力」と
いう内容の講演でした。
その後の質疑応答には、一挙に40名ほどの質問者が並び
(某電力会社の説明会とは違って、やらせ質問ではないのは
明らかでした)、法王は、時間の許す限りひとりひとりの
質問に、正面から向き合って丁寧に答えられていました。少し
厳しい指摘もありながら、それでも懐の深さが感じられる
返答でした。
ダライラマ顔写真_R
法王を見ていて、慈悲ということが少し分かったような、
自分自身の人間修養がまだまだだと思い知らされた、
ちょっとピリっとして有意義な一日でした。
ちゃあ
ここ数日で結構寒くなってきたので、
ふかふか布団が心地いいニャア。
P1090631_R.jpg

Please leave a comment.

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

お気軽にご相談ください

  • 調査状況報告
  • 集いの広場
  • 調査ファイル
  • 会社案内
  • 大阪探偵社
  • 再生