このページの先頭です

鹿の角切り

財団法人奈良の鹿愛護会の役員をしている知人の要請を受けて
愛護会に寄付をしたら、鹿の角切りに招待されました。
秋晴れの下、高校の同級生達と見学に行ってきました。
会場の鹿苑へ。
小一時間ほど並んで、やっと入場。
DSC06624_R.jpg
結構な人手で、ちょっとびっくり
鹿の角帽子を被った職員がお出迎え。
DSC06625_R.jpg
中学・高校・大学と奈良にいたのに、鹿苑に入るのは初めて。
DSC06627_R.jpg
いざ!3頭の雄鹿が入場。
DSC06632_R.jpg
勢子に追われて逃げ回る鹿達。
DSC06635_R.jpg
DSC06633_R_20111101185444.jpg
それを勢子達が追い詰める。
DSC06649_R.jpg
DSC06644_R.jpg
DSC06658_R.jpg
DSC06638_R.jpg
結構なスピードで走り回る鹿。しまいには恐れおののいて
勢子たちの上をジャンプ!
DSC06636_R.jpg
ついに、勢子が投げた十字の投げ縄が角にかかり、
木を支柱に手繰り寄せられ、
DSC06643_R.jpg
DSC06654_R.jpg
DSC06641_R.jpg
取り押さえられる。
DSC06642_R.jpg
DSC06655_R.jpg
烏帽子姿の神官が口に水を含ませて鹿を落ち着かせ、
DSC06663_R.jpg
DSC06666_R.jpg
角を一気に切り落とす
DSC06645_R.jpg
DSC06668_R.jpg
鹿の角は春から生え出します。角が若い間は(袋角といって、
せんとくんの角はこれ)血管が通っていて痛いらしいが、秋に
なって猛々しい角になってくると血管はなくなり、繁殖期に
雌を獲得するための攻防の道具となる。そして、冬には自然に
取れ落ちるとのことで、このようにノコギリで切られても
まったく痛くないらしい。
DSC06647_R.jpg
DSC06669_R.jpg
DSC06670_R.jpg
押さえつけられてから切り落とされるまで、ものの5分もかか
らず、スペインの闘牛のように何回も刀で刺しいたぶりながら
弱らせていって最後にとどめをさすのと違って、全然残酷じゃない。見ていて安心!!
切り落とされた鹿たちは、元気に鹿苑内の自分達の寝床方向に
戻っていく。
私達は、奈良高校出身なので、全員奈良で過ごしたのに、同級生達も
角切りは見るのが初めてとのこと。結構見ごたえがあって、
みんな大喜び!
角切りが終了後、
DSC06671_R.jpg
飛火野でピクニック。
DSC06673_R.jpg
DSC06675_R.jpg
秋の日差しの下、豪華弁当で、プチ同窓会が盛り上がる
その後、腹ごなしに、久しぶりに東大寺を散策。
DSC06678_R.jpg
今回の写真は、すべて彼女の提供。
高篠さん、ありがとう。
DSC06683_R.jpg
二月堂の土塀の道
毎年この季節、気のおけない同級生が集まり、バーベキュー
でプチ同窓会をするのですが、今年は珍しい伝統行事見学と
ピクニックで、さわやかな秋の一日を堪能しました。
ちゃあ
お部屋中を見渡せるところにのぼってみたけれど、
P1090559_R.jpg
P1090561_R.jpg
だんだん眠くなってきたのニャ…
P1090563_R.jpg
ZZz…
P1090560_R.jpg

Please leave a comment.

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

お気軽にご相談ください

  • 調査状況報告
  • 集いの広場
  • 調査ファイル
  • 会社案内
  • 大阪探偵社
  • 再生