このページの先頭です

彼は46歳。21年前、交通事故で下半身マヒに…(1) | 秘密のあっこちゃん調査ファイル

これはH5.11/2~11/6に大阪新聞に掲載された記事を加筆修正したものです。
なお、登場人物はご本人の了承を得ております。

さて、いよいよ今回から、当社のメインである『思い出の人探し』のお話をしていきましょう。
一口に『思い出の人探し』と言っても、世代によって『探す』動機は全く異なります。今回は、中年の方のお話です。中年の方のご依頼は圧倒的に男性からのものが多いのです。よく『男の方がロマンチストだ』と言われていますが、それはまさにその通 りだと思います。彼らの『探す』動機のほとんどは、『もう一度会いたい』ということではありません。『元気かどうか』『幸せかどうか』、それが気になるということなのです。
中年の女性はと言うと、これがまたおもしろい。『探す』より『探されたい』のです。同世代の私としてはかなり納得出来る感覚ではありますが…。ですから、男性からの依頼を受けて彼女達を探し当て、依頼人に代わって『彼女』にコンタクトを取った時、彼女達は非常に喜んでくれます。そりゃあ、そうだと思います。『自分の知らない所で、誰かが必死に自分のことを気にかけてくれていた』ということが、分かったのですから。『眠れる森の美女』の気分になったとしてもおかしくはありません。
今回お話するその『眠れる森の美女』は、現在42才の女性です。しかし、依頼人の男性にとって彼女は『眠れる森の美女』どころか、それはまるで『天使』だったのです。


彼は現在46才。横浜市在住で、ある小さな設計事務所の仕事を自宅勤務でしている人でした。実は彼は21年前に大きな交通 事故にあい、下半身マヒとなってしまいました。
昭和47年の正月、彼は赴任先の東京から、実家のある大阪へ戻ってきていました。正月3日、彼は友人に会うため、新御堂筋を北へ向かって走っていました。江坂あたりにさしかかった時、前方を走っていたバイクが隣の車線の車と接触し倒れたのです。接触した車は走り去ってしまいました。彼は自分の車を止め、倒れているバイクの若い男を抱き起こそうとしました。彼が覚えているのは、そこまでだそうです。バイクの男を助けようとしている時に、彼は後続の車にはねられたのです。


彼の意識が戻ったのは、その事故から10日もたってからのことだったと言います。その当時、彼は国立大学の建築学部を卒業し、大手ゼネコンに勤務しているエリートでした。家族や友人など周囲から将来を嘱望されていたばかりか、自らも明るい人生設計を描いていました。
しかし、その希望も、この事故で一瞬にして打ち砕かれてしまいました。事故から3週間後、彼は医者から『下半身は治る見込みはない』と言い渡されたのです。しかも、結婚を約束した恋人は彼の前から去っていきました。彼は自暴自棄になりました。人間不信にも陥っていました。4つ年下の彼女に会ったのはそんな時期でした。


病院を退院した彼は、リハビリセンターに入りました。彼女はそこで見習い看護婦をしていたのです。やけを起こしてあれている彼を、彼女は親身に慰め、叱り、励まし続けました。その時の彼にとって、彼女の存在は唯一の救いだったのです。彼は恋に落ちました。彼女に告白した彼は、彼女もまた自分に好意を持ってくれていることを知りました。お互いの気持ちを確かめた二人は交際を続け、彼女は彼のプロポーズの言葉を待っていました。
しかし・・・・・・・・・
<続く>

Please leave a comment.

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。