このページの先頭です

家出中の彼女と出会って・・・(2) | 秘密のあっ子ちゃん(110)

これは平成6年より大阪新聞紙上にて連載していた「秘密のあっ子ちゃん」に掲載されたエピソードより抜粋したものです。なお、登場人物は全て仮名で、ご本人の許可を得ております。

 ところが、一週間経ち、二週間経ってくると、本当に彼女が無事家に戻ったのか気になってしかたがなくなってきました。
 「住所とか電話とかを聞いておけばよかった」と悔いました。毎日のように顔を出すあのスナックで、ママとも時折「あの娘、本当に帰ったのだろうか」という会話になりました。
 彼は彼女が話していたことを思い出していました。高校を中退し、その後行った夜間高校も退めたと言っていた彼女。その間に二回の家出をし、夜間高校にいた時の家出は、一年間も北海道でチリ紙交換をしていたと言っていた。それから、家に舞い戻ってからは、父のつてで身内だけでやっている小さな会社に勤めたとも言っていた。三回目の家出はその会社の奥さんと喧嘩して暴言を吐き、こっぴどく父に叱られた時だ。今回の家出は、自分の部屋にいると何か悪いことをしているかと思われて、父に責められたからだと言う。聞くと、働きもせず、家でブラブラしていたことが原因らしい…。
 彼は彼女の話をあれこれと思い出してみるのですが、結局、彼女の家を特定するような内容を見つけることはできませんでした。 
 彼は長野市の電話帳を繰ってみました。そして、百軒近くある彼女の姓の家に、片っ端から電話を入れてもみました。しかし、彼女の家はありませんでした。
 その時、彼は昔、何かの記事で見た「初恋の人探します社」という会社を思い出したのです。一〇四番で電話番号を知ると、すぐに電話を入れました。
 これまでの状況をひと通り説明し、いざ依頼しようと思った時、思わず「こんな場合でも、本当に見つけることができるんかぁ?」という言葉が口を衝いていました。
 そう依頼人に言われて、私としてはおいそれと引き下がる訳にはいきません。
 電話帳に載せていない彼女と同姓の家を住宅地図でピックアップし、一軒一軒訪ね歩き回りました。
 何十軒目かで、彼女の家は見つかりました。
 ところが、私達が訪ねた時、彼女はまたもや家出していたのです。
 両親ももう諦めて放っているような雰囲気でした。 「どうしようもないヤツです」お父さんは少し腹立しそうにそう言いました。 しかし、彼に切符と一万円を貰い、「二度と家出なんかするな」と言われたその時は素直に帰ってきたようです。
 私は分かってきた内容をそのまま報告書に書き、彼に送りました。それっきり彼から連絡はありません。  彼女が一旦は素直に家へ帰り、自分の責任は果したとほっとしたのか、それともあれほど二度と家出などするなと言っておいたのに、すぐにまた家を出たという事実を知ってがっかりしたのか…。
 今ごろになって、私はその報告書を見た彼がどう思ったのだろうかと気になっています。

<終>

Please leave a comment.

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。