このページの先頭です

海外旅行での出会い(2) | 秘密のあっ子ちゃん(100)

これは平成6年より大阪新聞紙上にて連載していた「秘密のあっ子ちゃん」に掲載されたエピソードより抜粋したものです。なお、登場人物は全て仮名で、ご本人の許可を得ております。 

「前々から聞いていましたが、スペインへ行くと言っていましたよ。休職を希望されていましたが、期間が長いので認められず、結局退社するしかなかったようですネ。連絡先?こちらでは分かりません」
電話口に出た元同僚は、そんな風に教えてくれました。
 ペルー旅行から帰って一週間後、意を決して電話したにもかかわらず、彼は既に旅行社を退職していました。
「しばらくスペインに行くということでしたよ。連絡先?こちらでは分りませんねぇ。お役に立てずすみません」
 電話口に出た元同僚の話はこうでした。
依頼人は旅行中に彼が「日本でずっと暮らしたいけれど、一度スペインで一、二年過ごしたい」と言っていたのを思い出しました。その時はこんなに早く自分の希望を実現させるとは思っていませんでしたので、その話をさほど真剣に聞いていませんでいた。彼女はそれが悔やまれました。
 もちろん、彼とは旅行社で連絡が取れるものと思っていましたから、彼の両親がリマ市内に住んでいると知っても、詳しい住所は聞きませんでした。
もう連絡を取る術がないと分かって、彼女は自分の彼への想いがこんなに強かったのかと初めて知りました。 彼がスペインで何をしているのか、いつ日本へ戻ってくるのかを知りたいと思いました。そして、何よりも自分の気持ちを彼に打ち明けたいと思ったのでした。
 自分ではなす術がないと感じた依頼人は、当社にやってきました。
「住所でも電話番号でもいいから、とにかくスペインにいる彼と連絡が取れるようにしてほしい」というのが彼女の依頼でした。これまでの調査の経験から、私は彼女の希望を叶えるのはそれほど難しいとは思えませんでした。しかし、調査に関する彼女の注文はなかなか大変なものでした。 私達は当初、彼が「おじさんのツテで旅行社に就職した」ということから、旅行社に聞き込みに入り、そこからおじさんの連絡先をたぐっていこう考えていました。しかし、彼女は「できれば、旅行社への聞き込みは控えてほしい」と言うのです。理由は「今後もその旅行社を使うだろうから、私が彼を追いかけていると分かるのは恥ずかしい」というものでした。 
 お陰で調査は遠回りしなければなりませんが、依頼人の要望であればいたしかたありまん。
 私達は、まずリマの日本人会の電話番号を調べました。これが簡単そうで、結構大変だったのです。新聞社やペルー大使館に問い合わせるのですが、時期が悪かったと言いますか、日本大使館公邸人質事件の絡みで、「何のために必要なのか」と、なかなか教えてもらえなかったのでした。
 やっとのことで、リマの日本人会の連絡先を割り出すことができた私達は、国際電話をかけて、彼の両親の連絡先が分からないものかどうかを尋ねました。今回は事情を話すと、ペルー大使館に日本人会の連絡先を尋ねた時のように「何のために必要なのか」とあれこれ尋ねられることもなく、「書類がすぐに出ませんので、今すぐお答えできませんが、調べておきましょう」という返答を得ることができたのでした。
 三日後、再び国際電話をしたスタッフは、彼の両親の連絡先を知ることができました。
 その足で、スタッフが彼の実家に連絡を入れると、応対に出てくれたお母さんは陽気で気さくな人でした。 「まぁ!そんなことを言って下さる人がいるんですか。あの子は今、スペインに行っているんですが、その話を聞けば喜ぶと思いますよ。
 ああ、この前添乗したツアーのお一人なのですね?あの時は一日だけですが、息子は家にも顔を見せましてねぇ‥。そういうことでしたら、そのお嬢さんもお連れすれば良かったですのにねぇ。ホホホホ‥」
 依頼人は会う前から彼のお母さんに好感を持たれたようです。
 リマに住む彼のお母さんは、スペインでの彼の所在地を快く教えてくれました。 もちろん、依頼人が大喜びしたのは言うまでもありません。
 彼女は早速、彼に手紙を書きました。
「ペルーの旅行では大変お世話になりました。突然お手紙を差し上げて、さぞかしびっくりされていることと思います」
 そんな書き出しで始るその手紙には、いつ日本へ帰ってくるのか、帰国したらまた会ってもらえないだろうかというようなことを書いたと言います。
それが大晦日のことでした。
 昨日、彼女から当社に電話が入りました。その声はとても弾んでいました。
 「彼から返事の絵葉書きが届いたんです!」
それには、今スペインの大学で学んでいること、日本へ戻るのは二年後のことであることが記されていたと言います。そして、彼女を一番喜ばせたのが、この言葉でした。
 「機会があれば、是非スペインへお越し下さい。ペルー同様、僕がご案内します」
 彼女はスペインへ行くのを楽しみに頑張って働いて貯金をすると嬉しそうに話していました。

<終>

Please leave a comment.

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。